債務整理・登記・簡裁訴訟代理人・成年後見人名簿登載者【佐々木司法書士事務所(練馬区)】





 支払いが、一時ストップする。

 以後の返済が無利子になる。

 借金が,かなり 縮小される。

 長期の返済の場合過払いが
 生じて、返金されることがある。




任意整理
   司法書士が業者に交渉後
    分割和解をする。
 特定調停
   裁判所に申し立てて、債権      額を確定し分割調停をする。
 個人再生
   債務の圧縮が大であり、基     準債権額100万以上500      万円未満の場合100万円     の分割支払いで済みます。
 自己破産
   免責を受け自然債務となれ      ば支払不要、但し職業に
     よっては欠格事由あり。



   利息制限法の金利

 元金  利息
10万円未満 20%
10万円以上
100万円未満
18%
100万円以上 15%
 (利息は年利)


 グレーゾーン金利
「出資法」という法律によって
年29.2%を超える利率による
貸付は罰せられます。
「利息制限法」では、最高20%
を超える利息は超えた部分について無効とされています。

この「出資法」と「利息制限法」
の金利の差の部分が白(正しい
)と黒(悪い)の中間に当たる
グレーゾーン金利と呼ばれているものです。

今まで、消費者金融や信販会社の多くは年20〜29.2%の
グレーゾーン金利で
貸し付ていました。


引き直し計算

グレーゾーン金利で借りていた
借金の利息を「利息制限法」の
利率で計算しなおすことによって払いすぎた部分を元金の返済に充てたり、元金を超えた払い過ぎた分を過払い金として
返金できる。


 
      よくある事例費用のご案内グレーゾーン金利


 債 務 整 理 の 流れ



 グレーゾーン金利は支払う義務はないのです。


最近の裁判では、グレーゾーン金利が無効だという判決が、数多く出されています。
ですから、今まで支払った利息のうち、利息制限法を超える利息は 利息制限法の
利率で引き直し計算をする必要があります。
これによって元金が減り、そればかりか過払い金が生じて返金されることがあります。
                                                      


 よくある事例

 ある派遣社員の特定調停
 酒もタバコもやらず、ごく普通の派遣社員の方です。病気のため仕事を休み、その間に大手消費者 金融3社とローン契約を行い、10年間継続。その結果3社合計債務が150万円になったので、
 神田の中小消費者金融にオマトメローンを借りることになった。その消費者金融は利息の他に
 保証料・事務費を取るため、たちまち債権額が350万円ほどになり支払不能の状態になりました。
 そこで、当職が受任致し、特定調停において債権額を110万円に確定し、4回の分割支払いに
 調停成立しました。

 主婦・パート
 消費者金融3社から、それぞれ140万円の過払いがあり、計420万円が手に入りました。
 この方は、毎月決まった額をパートをしながら弁済していたのですが、支払いが苦しくなり
 当事務所に相談に来ました。予想したとおり過払いが生じていたので 、業者との交渉の結果、
 返金に成功しました。

 焼鳥屋経営のご主人
 腰痛のため休業。生活費を金融5社より計約400万円借金。
 毎月8万円返済していたが、残元金400万円の利息の支払いだけで元金は少しも減らないエンド
 レス状態。引き直し計算と業者との交渉の結果、残元金を100万円に減額に成功。
 毎月約2万7千円で36回分割弁済とすることが出来ました。3年後には残元金を完済するのです。

 費用のご案内

着手金 1社 金2万1000円(消費税含む)
成功報酬 圧縮額の5%と消費税
過払い金については,
50万円未満 1割   50万円以上 2割
      費用の分割払いも可能です。

 

ホーム 債務整理の流れ 不動産登記 商業登記 事務所案内簡裁訴訟代理人
成年後見人 よくある事例 主な業務内容グレーゾーン金利引き直し計算


身近な相談相手として、債務整理・登記・会社設立等に豊富な実績があります。